限度額

キャッシングの限度額が減ることもある

キャッシングの限度額は増額申し込みをすると増えることがありますが、逆にキャッシングの限度額が減ることもありますので注意しましょう。
キャッシングの限度額が減るのは、前回の審査よりも返済能力が下がってしまったと判断された場合です。
たとえば、転職して年収が下がったり、勤続年数が短くなるとキャッシングの限度額が減る場合があります。

そのほかにも他社の借入れ金額が大幅に増えたり、たくさんの会社から借金をしている状態になるとキャッシングの限度額が減ることがあります。
キャッシングの限度額が減ると、借入れできる金額が減るだけでなく、場合によっては金利が上がってしまう可能性もあります。
一度決まったキャッシングの限度額が減る可能性もあることをよく理解してキャッシングを利用するようにしましょう。

増額される条件

キャッシングにしてもカードローンにしても、人それぞれに利用限度額があります。利用限度額は利用者の社会的立場や年収によっ

て、異なってきます。

また新規で利用するときには、利用限度額が低めに設定されています。利用限度額を上げたい場合には、半年から1年ほど遅延や延滞なしに毎月返済しましょう。半年から1年ほどきちんと返済していれば、金融機関から問題なしとみなされます。

金融会社から増額に問題なしと判断されると、信販系のキャッシングであれば自動的に増額されます。

また消費者金融機関などでは電話などで増額の確認の電話がかかってきます。他にも指定のATMのモニターに表示される場合もあります。大体10万円単位のところが多いのですが、場合によっては20万、100万と増額されることもあります。

もちろん金融機関から増額の提案がされなかったとしても、半年から1年きちんと返済していれば、自分から増額を申し込むこともできます。遅延がなく、また他社からの借り入れが増えていなければ、増額されることが多いです。

増額する場合、金額が高額になると新たに収入証明書が必要となる場合があります。

ですから増額を望むときには事前に用意しておくといいでしょう。

増額を希望するのであれば、まずは信用度をアップさせることが大切です。