返済能力

キャッシングの限度額が減ることもある

キャッシングの限度額は増額申し込みをすると増えることがありますが、逆にキャッシングの限度額が減ることもありますので注意しましょう。
キャッシングの限度額が減るのは、前回の審査よりも返済能力が下がってしまったと判断された場合です。
たとえば、転職して年収が下がったり、勤続年数が短くなるとキャッシングの限度額が減る場合があります。

そのほかにも他社の借入れ金額が大幅に増えたり、たくさんの会社から借金をしている状態になるとキャッシングの限度額が減ることがあります。
キャッシングの限度額が減ると、借入れできる金額が減るだけでなく、場合によっては金利が上がってしまう可能性もあります。
一度決まったキャッシングの限度額が減る可能性もあることをよく理解してキャッシングを利用するようにしましょう。