10月, 2017

アルバイトの人がキャッシングするのに適した業者とは

職場からもらえる給料も少なくて不安定なアルバイト。

正社員で働いている人に比べるとお金に困ってしまう場合が少なくありません。

そのようなことから、アルバイトの人はキャッシングをしてお金を調達する機会も多いです。

キャッシングはいろいろな業者を利用してすることができますが、その中でもアルバイトの人に適した業者はどのようなところなのでしょうか。

まず、低金利で借入できる業者です。金利の低い業者を選択すれば、返済も楽になるので、収入の少ないアルバイトの人も苦になりません。

それから、スピード融資をしてくれる業者もおすすめだと言えるでしょう。

アルバイトの人の場合、今日明日までにお金を調達したというケースが結構あるからです。

プロミスのキャッシングサービスのフィーリング

一流サラ金のプロミスは現在はブランド名として使われてあり、直営はSMBCコンシューマーファイナンス企業がする。三井住友銀行系の会社であり、プロミスの行動に際しても三井住友銀行の割賦加入好機から申し込みができるという特長があります。プロミスの魅力のひとつとして、利回り事で他社と違いがある箇所がひとたび挙げられます。
現在は年利4.5%から17.8%を採用してあり、断然リミット利回りが他社のサラ金に比べると0.2%ちっちゃいのが先方にとっての特長だ。カード割賦などで何とかプロミスを利用する時はもちろん、多くの人がキャッシング利用時には100万円以下の借金の事が多い事を考えると、0.2%の差はかなり利点があると言えます。
またプロミスの他の魅力として、初め利用時は30日間の無利息キャッシングが可能な点も大きな特徴です。お試みチックにキャッシングサービスを利用してみたい、といった人にも利用しやすいメカニズムとなっています。また無利息間隔は、プロミスのメンバーが利用できる理由助けで貯めた理由を利用することでも適用されます。プロミスはウェブサービスにも力を入れてあり、キャッシングの締結はやはり、借金から弁済まで集大成ネットを通して行えるのも大きな魅力となっています。

キャッシング 利息の計算方法を紹介

キャッシングをする場合は借りた金額を返済すればいいといったモノではありません。手数料としてキャッシング 利息を支払う必要があるのです。その利息の計算方法を紹介していきます。

計算式は元金×金利%÷365日×借りた日数となります。金利というのは基本的に1年間借りた場合の利息となるので借りたお金に金利をかけて365日と1年の日数で割ってからその数字に実際に借りた金額をかけると支払う利息が分かります。

例えば10万円と18%の金利で借りて1ヵ月で返済した場合の利息は10万円×18%÷365日×30日となり1480円の利息がかかります。だから返済する金額は101480円となります。最も自分で計算しなくても今はネットの返済シュミレーションツールで数値を入力するだけで利息が表示されるので簡単に分かります。

キャッシングの限度額が減ることもある

キャッシングの限度額は増額申し込みをすると増えることがありますが、逆にキャッシングの限度額が減ることもありますので注意しましょう。
キャッシングの限度額が減るのは、前回の審査よりも返済能力が下がってしまったと判断された場合です。
たとえば、転職して年収が下がったり、勤続年数が短くなるとキャッシングの限度額が減る場合があります。

そのほかにも他社の借入れ金額が大幅に増えたり、たくさんの会社から借金をしている状態になるとキャッシングの限度額が減ることがあります。
キャッシングの限度額が減ると、借入れできる金額が減るだけでなく、場合によっては金利が上がってしまう可能性もあります。
一度決まったキャッシングの限度額が減る可能性もあることをよく理解してキャッシングを利用するようにしましょう。