キャッシングの自動契約機

どうしてもお金が必要になり、インターネットでキャッシングの申し込みをしました。手続きも無事終了して、さっそく現金を受け取ろうとカード発行のため自動契約機に向かいました。キャッシングを利用するという後ろめたい気持ちと、どのような手順を踏むのか不安だったところに、向かった部屋は狭くとても寒々しく、その空間の雰囲気にさらに緊張感が増しました。

手続きはまずタッチパネルで行い、指示に従って必要書類をスキャンしたりと作業は着々と進みました。ただ緊張感は続きます。必要時に設置されている電話で担当の方と話をするのですが、確認のため「電話を置いてお待ち下さい」ということがあります。

どれくらい待てばいいのか、時計を見ながら待っていました。実際には短時間だったのでしょうが、不安な気持ちでいたので、とても長く感じました。実際にカードを受け取った頃には気持ちがぐったりしていました。自動契約機利用はとても緊張感のある出来事でした。

コメントは受け付けていません。